最近はAGAと呼ばれる薄毛のメカニズムがある程度解明されてきており、それに適したAGA治療薬というものも販売されるようになってきています。
AGAを改善させる成分としてはフィナステリドと呼ばれる成分であり、AGAの薬には必ず含まれている成分です。
このフィナステリドを服用することによって、薄毛の原因と考えられている体内の酵素の働きを抑えるという効果を得ることができるので、髪の毛の成長を再び促すことができるようになります。
AGA治療薬で最も有名なものはプロペシアという薬ですが、このプロペシアにもフィナステリドが含まれています。他にもフィナステリドが配合されているAGA治療薬にはフィンペシアやフィナロやエフペシアなどがあります。
フィンペシアはインドのシプラ社という会社が製造したAGA治療薬で、プロペシアと同じフィナステリドが含まれていることからほとんど同じ効果を持っています。効果はほぼ同じなのですが、フィンペシアはプロペシアよりも価格が安いことが特徴です。AGA治療薬はある程度の期間継続して服用しなくてはならないため、費用を抑えたい場合はフィンペシアが良いでしょう。

しかし、中にはこうした成分を配合した薬を服用することによって何らかの副作用があるのではないかと心配に感じている人も少なくありません。
確かに、フィナステリドを服用することによって全く副作用がないわけではありません。
副作用があるといわれている中には、勃起不全であったり、精子の減少などがあるといわれています。
これらの副作用は男性にとっては非常に不安に感じる副作用でもあります。
しかし、実際にフィナステリドを服用することによって勃起不全になったという人は、あまりいません。
また、そのほかの副作用についても、それほど重篤な副作用が出たということはあまり知られていません。
中には、勃起不全を感じた人もいるかもしれませんが、それが果たしてフィナステリドを服用することによって引き起こされたのかどうかはわかりません。
人間は精神的な理由によっても勃起不全になることがありますから、もしかしたら薬が原因だと神経質になりすぎてしまっているだけなのかもしれません。
しかし、もしかしたら副作用の可能性も否定はできませんから、もしも何らかの影響を感じたら、とりあえずは服用を中断するか、医師に相談した方がよいでしょう。

■偽物には副作用以外の症状が現れる危険性があります
プロスカーの偽物
■フィナステリドが成分の薬
フィンペシア